長持文庫 nagamochi bunko

 

紙もの 布もの 落としもののお店「長持文庫(ながもちぶんこ)」では、

手作りの本、雑貨や布、ボタン、古着などを販売しております。

古着、古道具は寄付を承っております。

 

◎和亀 wakame

 

ずぶの学校では、自ら「悠長派」と称して不定期で同人誌「和亀(わかめ)」を和綴じ本で発行しています。

積極的に「悠長」を志す同人も募集しております。

読みきりの物語、エッセイ、詩、俳句、漫画、イラスト

and more…

 

~現在お求めいただける場所~

・ずぶの学校(大阪・淡路)

・葉ね文庫(大阪・中崎町)

・teraco(兵庫・宝塚)

・ものことあとりえ一頁(京都・伏見)

 

三号、四号、五号、六号 各700円

(色・柄応相談)


◎ずぶぬれ zubunure

 

 

まちのおとぼけ余談集「ずぶぬれ」は

ずぶの学校が年三回発行するフリーペーパーです。

 

まちに暮らすひとびとの

生の「余談」をお届け。

 

まち全体、社会全体が学校。

みんなが先生、みんなが生徒。

 

という考えで始めました。

 

 

 

 

定期購読会員募集中!

(左の申込書は、下記よりダウンロードできます。)

ダウンロード
ずぶぬれ入会申込書.pdf
PDFファイル 424.6 KB

◎かめな句集 kamenakusyu

 

2018年3月~約1年間、旧ずぶ邸にて開催した「かめな句会」の作品を巻物にしました。

 

 

2019年6月22日発行/500円


◎KAMELO ラクダ

 

 

思いつきを散りばめた雑誌風冊子。

登場人物は実在します。

 

やかましがインタビュー記事を書き、編集。

テラコのさくらまみさんが写真撮影、デザイン。

 

2017年5月宇宙友朋会発行/A4サイズ/カラー/800円


◎渡邊恵『快晴元年のアップルパイ』

著・挿絵 渡邊 恵

表紙イラスト こにし ともよ 

編集 やかまし みさき

2019年4月20日発行/B6サイズ/336ページ/3200円

~あらすじ~

2017年11月10日にセクハラ・パワハラを受け、勤めていた高校を退職した筆者が見つけた自分を生きやすくする技法は「人に頼むこと」。何もかもを一人で引き受けすぎないことに注意しつつ、お話会、旅行、引っ越し…と周囲の協力を得て敢行するも、災害や諸々の社会問題に直面して再び「孤独」の暗中をさまよいながら、必死のパッチで考え、問い、反省し、怒り、泣き、時に笑い、表現することによって次第に「人間」として息を吹き返していく約一年間の思考の跡をたどる、小説っぽい実話の記録。

 

《著者略歴》

渡邊 恵 (わたなべ めぐみ) ユニコ

1982年愛知県生まれ。名古屋の高校で国語科講師をつとめた後、神戸に憧れて兵庫県教員採用試験を受け合格したものの赴任地は一歩手前の西宮。2014年から市立高校で授業と担任業務などを行う中でハラスメントに遇い2018年3月退職。現在は憧れの神戸に引っ越し、海辺を散歩する日々。本を出版して元気をとりもどし、そろそろ働きたくなっている。 校長やかまし(ずぶ)とは元同僚、現姉妹。

 


◎こにしともよ『BIRTHDAY』

よく知っているひとと知らないひと、なつかしい場所と遠い国、境界はあいまいで、ぼんやりしています。ひとりごとのようなことばを添えました。

短いアルバムのような本です。

 

 

 

B6サイズカラー/24ページ/1470円

 


◎やかましみさき『かわいいデモ』

ずぶの学校校長やかましみさきが2015年の開校以来毎月HPで更新してきたずぶの学校新聞。

開校にいたるいきさつ、開校してから2019年3月で学校を辞めるまでの4年にわたる暗中模索の記録。

 

2019年9月8日発行/B5サイズ白黒/100ページ/1000円

校章付き1500円


《掲載中の本はネットからもご購入いただけます》

ずぶの学校 info@zubunogakkou.com までご連絡ください。

(ツイッターやインスタ、FBのメッセージからも承り中!)

郵送の場合、本の代金+郵送料、振込の場合+振込手数料のご負担をお願いしています。