ずぶの学校新聞 no.30(2017.10 神無月)

~お仕事は遊びと学び~

 

 

「一生をかけてやさしくなる! それだけは決まってるねん」

大学入試の面接練習をしていて、大学生活、そしてその先の目標を一緒に考えていたときに、そう言った生徒がいました。

 

す、すばらしい! 私が夏休みにあれだけ悩んだ「人生の目的」が、齢18にしてすでにはっきりしている! 感動しました。私もそれをそのまま使わせてもらいたいぐらい花丸。合格を確信しました。(その後「そんなん言うの先生だけやで」と言われ世のふしあなを呪った…)

 

夏休み前の段階では、「これこれの資格がほしいから、これこれの専門学校に行く」と言っていて少し心配だったその子が、大学に進路変更してだいぶん考えが変わった、というか、しっかりつきつめたのかなぁと想像します。(経済的・人的環境の恵みをちゃんと生かして)

 

どこまでやさしくなれるか、という戦い。「一生をかけて」と、資格とか、就職とか目に見えるゴールを据えず、やさしさに限界を設けていないところが大きくて豊かだと思うのです。

 

「ワーク・ライフ・バランス」という現代の標語について、鷲田清一先生は言っています。

 

「これがもし、仕事という公的活動と家族との私的生活とをうまく両立せよという意味なら、言われたくない。一企業の利益のためになすワークもまた私的であり、結局この標語は私的なものに専念せよと人に告げるだけだから。逆に、一市民としての活動に従事するかぎり個人のライフも公的である。そういう公的活動に個人としてもっと時間を割こうという意味なら、聞ける。」(朝日新聞・折々のことば 2016.8.13)

 

学校でも、ずぶの学校でも、一人一人との主体的な関係づくりは私にとっては大切で「一生をかけて」やっていきたいと思っている大仕事のつもりです。たとえその時かぎりであったとしても。

 

人間関係は家庭であれ、学校であれ、町中であれ、場所は問わないという考えです。より優先されるのが血ではなく、歴でもなく、現在の意志の強さによってでありたい。

 

それが「私」に対する意志の強さなら、私にとっては最も優先順位が高くなり、誠実な仕事をしたいと感じる。たまたまその場に居合わせた私にしかできない仕事。

 

しなくてもいいけどしたくてする仕事(仕事とはほとんどがしなくてもいいこと)を、私は表向き卑下して「趣味(遊び)でやっている」と言っていたけれど、他人に「趣味(遊び)」だとは言われたくない、ということに気が付いた。

 

最近は自分の中でも「仕事」の枠組みが変わってきたと感じます。それもこれも周りの方々に私のやっていることを「仕事」と認めてもらえたから持てた自信です。学校の外のひとと長く過ごすようになって、遊びでやっていることを授業に生かせるようになって、学校の学びに対する考え方も大きく変わってきたようです。

 

九月は「美しい星」の映画を観たことから、学校で学んできた方法や遊びで描いてきた絵を生かして、学校の外で授業をしてお金をいただきました。これは、遊びでしょうか、仕事でしょうか。私が「仕事」という自信を持つための応援をしていただいたことに感謝です。

 

 

あかまつみさき

(楽しそうに遊んでいることが私の仕事)

ずぶの学校新聞 no.29(2017.9 長月)

~ぼんやり考える人間(じんかん)~

 

 

テラコで行われていた講座の最終回で、ゲスト出演でお話させてもらうことになりました。今考える自分の「人生の目的」について。難問でした。(今もなお…)ぼんやり話しながらぼんやり考える、貴重な時間になりました。

 

ひとりひとりが、自分が考えてきたこと、理想や幸福についてを、真剣に自分のことばで語る姿、そしてそれをみんなで見守る時間、空間がすばらしく、学校の教室も、職員室も、家庭も、まちのどこでもこうであればいいのに……と思いました。いやむしろどうしてこうでないのだろう、と不思議に思います。参加していた方が「職場ではこういう話ができないから」とおっしゃっていましたが、それは聞き覚えのあることばでした。

 

二年前、ずぶの学校を始めた時に参加した哲学カフェで、若いお医者さんが「患者さんの死を受け止めることがどういうことかわからない、身近に『死』の経験がない、職場でも話せないのでここで話し合いたい」と自らの悩みを打ち明けました。最も「死」が身近なはずの病院が、医療従事者がそのような切実な課題を語り合う(心の)ひまもないのでしょうか。何よりも大事なことのように思うのですが、そういうこと、個人の悩み(ことば)がなおざりにされがちなのは学校でも同じです。(それどころじゃない…とはいうものの、そこが自分なりに解消されないと、どんどんおかしく苦しい方向へ行ってしまう…)

 

今年の夏休みは学校で、少人数(五人程度)で文学作品を読むという授業をしました。ひとりひとりが思ったことを話すことができる、わからないことをわからないと言える空間って(する側としても)なんて気持ちがいいんだろう、と思いました。ただそれだけのことが、普段からどれだけ殺されて生きている(息だけしている)かを、ひしひしと感じさせました。何でも話しやすい空気が本当の人間関係を作るのだとしたら、教室では(職場では)難しいのかもしれません。

 

自分らしく生き生きと生きるという理想に向けて、私は、おのおのが、おのおののことばを持って発することができるような空間と時間と人間(じんかん! 社会という意味です)を作りたい。そのために率先して常に「I(アイ)」で話すという野望がある。それは社会ではすぐににぎりつぶされがちなことばであり、苦しいことが増えるのは必至なのだが、それでも持ち続けたい理想である。自分が「I」で話すことができてはじめて、相手の「I」も尊重することができるはずだから。音も声もそのひとのオリジナルであるように、ことばも「自分」からしか発することができないのです。まずは私の話をするので、いつかあなたのお話を聴かせてください。

 

 

あかまつみさき

(お手紙、待ってます)

ずぶの学校新聞 no.28 (2017.8 葉月)

~ずぶの学校 セカンドシーズン「旧ずぶ邸」~

 

お待たせしました。7月、ずぶの学校セカンドシーズンがひそかに始まりました。その名も「旧ずぶ邸」。新なのに、あえて旧。新より旧に惹かれるタイプ。

 

祖母の家の隣が空き家となり、空き家問題に直面していた一年。すてきだけど古すぎる築八十年の古民家。住むにしても、壊すにしても大きなお金がいる(壊す気はなかったけど)。自分が住まない家に、だれもお金を払えない。放っておくと朽ちていくばかり。ずっと「住む? でも…」「改装してもらう? 住まないのに?」と悶々としていました。

 

ファーストシーズンの経験がなければ、お金をかけてじゃんじゃん改装していたかもしれないのですが、ただお金をかければいいってもんじゃないことはすっかり身に染みて学んでいました。お金をかければいいものはできるけど、本当にそれがしたいの私?

 

私がしたいことは無理してお金をかけてきれいな家に住むことじゃなかった。自分でオリジナルの空間(作品)を創りたいということ、古いものはできるだけそのまま残したい(使いたい)ということ、友達とおもしろい遊びがしたいということが、だんだんはっきりしてきました。ああ、住むとか住まないとか、改装するとかしないとか、そんなことは二の次で、したいことをするだけだった!(今頃気付いたか!)

 

そんなすったもんだの中、いろいろな思いつきの活動をしていくうちに、いつの間にか私の近くに「おもしろいこと(創作)がしたい」という志を同じくするメンバー(ざぶ・じぶ・ずぶ・ぼぶ)が相そろっていて、今のかたちに自然に落ち着きました。

 

週末に集まってゆるくお話をしながら創作会をして帰る。新しいおともだちもできる。不思議で、へんてこな日常。うんうん。思い通りになってきたぞ。おもしろい。そういうことだった。幸せ度、高いなー! はっはっは!

 

自分が今本当にしたいことは簡単にはわからない。そのときどきの環境を上手にバランスよく見極めて、やってみながら考えながら、じわじわ突き詰めていくしかないんだなぁ。これからもどんどん思いついて、巻き込んで、変わっていく予定。

 

あかまつみさき

(生活が物語、そういう作家)

 

8月20日(日)旧ずぶ邸で、ざぶ主催「物々交換会」があります↓

続きを読む

ずぶの学校新聞 no.27(2017.7 文月)

続きを読む

ずぶの学校新聞 no.26(2017.6 水無月)

~おさなき日の遊び一覧~

 

 

小学三年生の時に、制服のない、勉強の厳しくない、のびのびした学校に転校しました。私の意識、記憶はそのあたりから鮮明になってきます。広い運動場に、遊具はたくさんありました。今は見ぬ「かいせんとう(回旋塔…こんな字だったのか)」「回転ジャングル」は大人気。休み時間になると走って取りにいかなくてはなりません。サッカーやドッヂボール、鬼ごっこ、ゴム跳び(これはほとんどやらなかった)、メンコ、トランプなどその時流行のメジャーの遊びにも参加していました。

 

しかし少人数(一人~四人程度)でやるオリジナル遊びがもっと楽しかったのです。印象に残っている遊びを並べてみようと思います。

 

・ポラロイドカメラで撮影会、スターごっこ

・のち雑誌、写真集作り

・ワープロで作家ごっこ(一人遊び、作文を褒められてその気になって)

・ワカメハウス作り(オリジナルシルバニアファミリー自分たちが登場)

・ぬいぐるみ作り・着せ替え

・楽器演奏・作曲録音(カセットテープでアルバム作り)

・ラジオ録音(ワープロで脚本を作ってから)

・物語の録音

・漫画・お絵かき

 

 今思えば、自宅には遊び道具がいっぱいありました。ポラロイドカメラやワープロは父が職場からもらってきたもので、カセットレコーダーはお年玉で購入、わら半紙、布は山盛りあったし、電子ピアノやいくつかの楽器も。一人では使いこなせぬまま飽きて放置してしまう(飽き性)のですが、遊びに来たともだちが上手に使いこなすと、とたんに魅力を感じたものでした。ともだちはそれぞれにいろんな能力を持っていて、絵がうまい子、楽器がうまい子、声優がうまい子、(人形の)服を作ってくれる子、そんな技術をまのあたりにするのも、自分がちょっと思いついた世界が思わぬ形で表現されていくことも、嬉しかったものでした。

 

 今でも耳を澄ませば、いろいろ思いつくのですが、根気も技術もないし、実現に至るにはともだちの力が必要なのです。そんなわけで、今回雑誌(KAMELO「らくだ」―例によって自分登場)ができたことは感激でした。最近は「絶対できない」と避けていた、作曲、アルバム作り熱が復活。これもこどもの私はおじけづかずにやっていたことを思い出し、いつかライブをと夢見ています。(まずは授業でやるかも)

 

 

 

あかまつみさき

(「憧れ」がごっこ遊びにつながるみたい、秋山氏を目指しています)

 

 

続きを読む