ずぶの学校は

ゆるいまなびや

人間アトリエ

 

 誰かのおはなしに

耳と心をかたむけながら

 読んだり書いたり作ったり

 

 情操豊かで

思いやりのある

のびのびとした人間に

ありのままの自分に

なることを目指します

 

それで「人間アトリエ」

と名付けました

 

お話をするのが好きなひと

文章を書くのが好きなひと

 ものを作るのが好きなひと

 考えるのが好きなひと 

本の虫

 

一緒に遊びましょう~

 

校長拝

 

 

 


NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

 

―お話会・創作会

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2017.8.20 物々交換会

2017.7.2 旧ズブ邸 オープン

2017.5.7 文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20大寒 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会@まるっとマルシェ・中崎町ホール

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(於・京都アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)創刊(啓蟄)

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

 

 

   11月5・12・19・26(日)   アトリエミュージアム開館

   

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

ぬいぐるみ・パペット・バッチ・絵・詩集・文集などの創作会

進路相談・文章相談・文学鑑賞などのお話会をしています。

毎週日曜10時から旧ズブ邸(阪急淡路)にて

毎週木曜午後はteraco(清荒神)にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

 

ずぶの学校新聞 no.29(2017.9 長月)

~ぼんやり考える人間(じんかん)~

 

 

テラコで行われていた講座の最終回で、ゲスト出演でお話させてもらうことになりました。今考える自分の「人生の目的」について。難問でした。(今もなお…)ぼんやり話しながらぼんやり考える、貴重な時間になりました。

 

ひとりひとりが、自分が考えてきたこと、理想や幸福についてを、真剣に自分のことばで語る姿、そしてそれをみんなで見守る時間、空間がすばらしく、学校の教室も、職員室も、家庭も、まちのどこでもこうであればいいのに……と思いました。いやむしろどうしてこうでないのだろう、と不思議に思います。参加していた方が「職場ではこういう話ができないから」とおっしゃっていましたが、それは聞き覚えのあることばでした。

 

二年前、ずぶの学校を始めた時に参加した哲学カフェで、若いお医者さんが「患者さんの死を受け止めることがどういうことかわからない、身近に『死』の経験がない、職場でも話せないのでここで話し合いたい」と自らの悩みを打ち明けました。最も「死」が身近なはずの病院が、医療従事者がそのような切実な課題を語り合う(心の)ひまもないのでしょうか。何よりも大事なことのように思うのですが、そういうこと、個人の悩み(ことば)がなおざりにされがちなのは学校でも同じです。(それどころじゃない…とはいうものの、そこが自分なりに解消されないと、どんどんおかしく苦しい方向へ行ってしまう…)

 

今年の夏休みは学校で、少人数(五人程度)で文学作品を読むという授業をしました。ひとりひとりが思ったことを話すことができる、わからないことをわからないと言える空間って(する側としても)なんて気持ちがいいんだろう、と思いました。ただそれだけのことが、普段からどれだけ殺されて生きている(息だけしている)かを、ひしひしと感じさせました。何でも話しやすい空気が本当の人間関係を作るのだとしたら、教室では(職場では)難しいのかもしれません。

 

自分らしく生き生きと生きるという理想に向けて、私は、おのおのが、おのおののことばを持って発することができるような空間と時間と人間(じんかん! 社会という意味です)を作りたい。そのために率先して常に「I(アイ)」で話すという野望がある。それは社会ではすぐににぎりつぶされがちなことばであり、苦しいことが増えるのは必至なのだが、それでも持ち続けたい理想である。自分が「I」で話すことができてはじめて、相手の「I」も尊重することができるはずだから。音も声もそのひとのオリジナルであるように、ことばも「自分」からしか発することができないのです。まずは私の話をするので、いつかあなたのお話を聴かせてください。

 

 

あかまつみさき

(お手紙、待ってます)

ニューずぶの学校 旧ズブ邸

Who am I ?

 

 

赤松 みさき(Misaki Akamatsu)

 

1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて10年目

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー・和綴じ本などを発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

ひとが自分らしく前に進むため

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

インタビューして記事を書いたりする

「アロハ進路相談」承り中 

9月からは「文学らいぶ」始めます

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成

 

 

 

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・みうらじゅん・エリックサティほか… 

趣味は、気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

   最近は、生徒をモデルにした物語や漫画も描いています

 

 

ぬいぐるみ、かばん、バッチつくります

絵・字・文かきます

創作会・人形劇します

ご連絡はこちらから

 

 

 

ずぶの顔→フェイスブック 

ずぶの心の声→ツイッター

ずぶの作品集→インスタグラム