NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

―作文教室・ぺんぱるくらぶ

―創作会・文学読書会・文章相談会・進路相談会

―学校新聞(HPにて毎月更新)

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2018.11.11~ やかまし村の収穫祭

2018.6.1~6.3やかまし村の種まき祭(@旧ずぶ邸)

2018.5.6  文学フリマ東京出店

2018.5.5  和亀五號発行

2018.3.4  第一回かめな句会(大阪タフタ句会さんと)

2018.1.21  文学フリマ京都(@都めっせ

2018.1.14  ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンス2(@アバンギルド)グッズ販売

2018.1.4  みさきのまんま(@旧ずぶ邸)

2017.12.24  縄文茶会(@旧ずぶ邸)

2017.12.9  ずぶぬれno.4発行

2017.11.12 ずぶの日曜学校bonbon @旧ずぶ邸

2017.10.29 ZINE DAY OSAKA @レトロ印刷JAM

2017.9.7(白露)和亀四号 発行

2017.8.20  物々交換会(@旧ずぶ邸)

2017.7.24  ずぶぬれno.3発行

2017.7.2   旧ズブ邸 オープン

2017.5.7   文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20(大寒) 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会(@まるっとマルシェ・中崎町ホール)

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(@アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6(啓蟄)悠長派同人誌「和亀(わかめ)」創刊

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

              

     11月17日(土) やかまし村の収穫祭② 土こね句会

        22日(木) やかまし村の収穫祭③

        24日(土) やかまし村の収穫祭④

        25日(日) ずぶとじぶの新長田こまーしゃるパレード

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

 

毎週木曜土曜はだいたい午後旧ずぶ邸(阪急淡路)にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

LINE@でオープン・クローズ情報お送りしています。お気軽にご連絡もいただけます。

 

ずぶの学校新聞 no.43(2018.11 霜月)

 

~立場を超えて対話するということ~

 

 

 

学校では「ひとりレジスタンス」が続いているのですが、9月から新しい授業がはじまっていました。高校一年生9人と「教育」について考える時間です。これは「総合的な学習の時間」がこの学校の特進コースでは「普段の授業で学べないことを学ぶ」というもので、「心理学」や「言語学」、「人文学」、「落語」など担当の先生の得意な分野で、生徒が調べたり、発表したりする形式で行われています。昨年度末に「新たに「教育」のコマができるので、やりたいひとはいませんか」と職員に一斉メールが来たので、立候補してみたのでした(どうやらだれもやりたがらないようで、非常勤講師の私が当選しました)。私はいい取り組みだと感じましたし、普段の授業の形式とは異なる少人数の授業をやってみたかったのです。

 

 

その他のコマは二年生による発表があったのですが、新設の「教育」のコマは誰もいないので、私が壇上で話をして、そのあと一年生が授業を選択しました。もしかして開講しないかもな、それはそれでいいや(レジスタンスにも疲れた)と思っていたのですが、ふたを開けてみると9人もいるじゃないか! それはそれでやっぱり嬉しいものでした。私の演説「教育という言葉に対して違和感をもっているひとに来てほしい」(学校の舞台で言えてすっきりしました!笑)に9人も集まったのは、ひとりレジスタンス中の私の「希望」でした(私が好きな四字熟語は「半信半疑」だと言っていたことに興味をひかれて選んでくれたという方もいました)。

 

 

この時間に取り組んだことについては、またまとめていこうと思うのですが、授業の内容とは別に(もちろんつながっているのですが)「よければ交換日記をしたい」と提案して現在7人と交換日記中。その中には宝のような言葉がたくさんあります。

 

 

 

◎私は授業を受けるのが学ぶことでその他は違うとは思えないです。教育というのは人間一人一人が成長するためにすることだと私は思うので、居心地が悪いことが何回もあります。

 

◎私は「やれ」と言われてやる勉強がすごく嫌いです。それには色々理由があって、私の中で、自分からやらないと勉強って言わないと思ってます。する、しないは自分で決めることやし、自分のためにやることやから、やらないならやらないでいいと思うし、わざわざ他人に「やれ」と言う意味がよくわかりません。

 

◎(部活で途中から来た先生と合わず)苦しい環境でするのは苦痛の他なにものでもないのでやめました。

 

 

 

生徒が1ページ書いてきたのに対して、6ページ返すということがしばしば起こっているのですが…次が返ってくるか心配しているところです。前に立つ経験をしたことのあるひともあり、難しさや危険性の話もしています。

 

 

 

◎押しつけにならずに意欲を引き出すことは難しいですね。必ずリスクを負うことになる。なるほどー。私は押しつけられる≒納得がいっていないだと考えます。実際納得がいかないことはやりたくないし、反抗したくなります。だから何事にも納得し合う納得するまで説明することで「押しつける」ことにならない…??のでは?? しかしここで、納得しない人、違う考え方の人は絶対にいます。その人たちに納得してもらうことは押しつけになるような気が…。これがリスクですかね…。

 

 

 

説明する、説得することがとても大切だ!!!と今切実に思っています(自分もまだまだ足りていないと感じる)。表現というのは「精度の高い説得」だと思う。おとながこどもを説得することも必要だけれども、こどもがおとなを説得していくことがもっとあっていい(足りていない)と思うのです。おとな(力の強いもの)がしゃべりすぎで、こども(力も弱いもの)の話を聴かないということが常習化しています(一方通行の一斉授業が一般的になっているように)。善悪とか、損得とか、勝ち負けとかそういうことではなくて、まず聴くということがないとお互いに「成長」(成長というより、「変化」と言いたい)できない、つまり共存できないんじゃないでしょうか。

 

 

それで納得いかないまま学校を、仕事を辞める(辞めさせられる)ということがたびたび起こっている気がします。辞めることは全く悪いことではないですが、なぜか悪いことのように責めてしまうものです。このやるせない気持ちはどうしのいだらいいのでしょう(ここから歌やおどり、ことばが生まれるのかもしれない)。

 

 

誰かひとりがいなくなっても、あたかも辞めたひとひとりの責任(自己責任)かのように扱われ、なかったことにされ、表面上今まで通りの日常が繰り返されますが、果たしてそれでいいのでしょうか。それは往々にしてそこに残るひとたちが変化するための努力をしなかった結果のように思われます。ひとりで努力してもどうしようもないことでも、全員が立場を超えて話し合えばどうにかなった、もう少しましだったはずのことも多い気がしてなりません。

 

 

普段から、本音で話をするということが圧倒的に足りていないと感じます。タブーをとっぱらって。それが問題を未然に防ぐ予防策になるのではないでしょうか(力のあるもの、前に立つものは常日頃その土壌を耕しておくのが仕事だ)。お互いに当然と思っていることを打ち破って、相手を尊重しながら居心地の良い時間・空間・人間(じんかん)を模索していきたいのです。

 

やかましみさき

 

ずぶの学校 旧ずぶ邸

Who am I ?

やかまし みさき(Misaki Yakamashi)

 

本名、赤松みさき 1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて10年目

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー「ずぶぬれ」・和綴じ本「和亀」を発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

文章相談会「アロハ進路相談」

文学読書会「文学momimomi」を開催

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成

ずぶとじぶとざぶとぼぶとで「旧ずぶ邸遊び人活動」

(古民家復興活動)

のぶ、がぶ、つぶ、とぶ…

どんどん増殖中

趣味は俳句、人形劇、リコーダー

  

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・エリックサティほか… 

好きなこと

気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

    

ぬいぐるみ、かばん、バッチなどのオーダーメイド承り中

ご連絡はこちらから

 

LINE@やかましみさき

ずぶの学校の連絡帳です↓↓