ずぶの学校は

ゆるいまなびや

人間アトリエ

 

 誰かのおはなしに

耳と心をかたむけながら

 読んだり書いたり作ったり

 

 情操豊かで

思いやりのある

のびのびとした人間に

ありのままの自分に

なることを目指します

 

それで「人間アトリエ」

と名付けました

 

お話をするのが好きなひと

文章を書くのが好きなひと

 ものを作るのが好きなひと

 考えるのが好きなひと 

本の虫

 

一緒に遊びましょう~

 

校長拝

 

 

 


NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

 

―お話会・創作会

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2017.5.7 文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20大寒 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会@まるっとマルシェ・中崎町ホール

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(於・京都アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)創刊(啓蟄)

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

 

 

     毎週木曜日、宝塚のteracoアロハ進路文章相談を承り中!

 

 

 

7月 1日          和亀四号 原稿しめきり  

7月24日(河童忌)     ずぶぬれno.3 発行

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

ぬいぐるみ・パペット・バッチ・絵・詩集・文集などの創作会、

進路相談・文章相談・文学鑑賞などのお話会のご予約承っております。

毎週木曜は(@宝塚teraco)にいます。

木曜以外は大阪校(中崎町)へどうぞ。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

 

 

ずぶの学校新聞 no.25(2017.5 皐月)

~待つともなしに待つ~

 

 

新しく入った教室で、私はまずひとりである。たくさんの目に見られる。たくさんの意識と無意識を感じる。前に立って、ぼうっと待つことも難しいので、とりあえずしゃべりだす。次第に、空気が揺れ始める。うまくいけば、ほぐれやわらぎ、しくじると、さらにはりつめとがる。

 

何時間かが過ぎる。全体の場で話せる人は少ないので、たいていは自己紹介の紙や、作文や、ノートなど、ひとりひとりへ短いことばを返した時から、私とそのひととの人間関係が始まる。個人ラインの始まりといえる。

 

ラインのやりとりが軽やかに弾むひと、弾まないけど、深いひと。ないけど、いい作品を作るひと。ないひと。興味がないひと。いろいろいる。

 

そんなこんなしながら、心を私の方に向けてくれるひとを探す。実はそういうひとにはもはや教えることは何もない。卒業おめでとう。何もしなくても、良くも悪くも勝手に学びとるからである。こわいが、ありがたい。そういうひとは、私の陰の協力者となって、教室の雰囲気を作っていく。例えば、作文の課題を出した時。「おもしろそう」と声に出して言ってくれる。ありがたい同志。同志は私の野望に巻き込んで、代表として作っていただく。発表していただく。「えぇーまたぁ」と言うひとも本当はすでに味方。私の方を向いているから。次は君に頼もう。味方がじわじわ増えていく。

 

アウェーの中に入っていき、ひとりひとりを発見し、巻き添えに。するだけして去る。発見し認める(見留める)だけで、向き合わない。なぜなら私は前を向いていきたいし、あなたにも前を向いていてほしいからだ。これが私の教室作りだとしたら、同じことを社会の中でもしていくと思われる。同じ方向を向いているひとがいれば一緒に何かをする。そして別れる。同志は離れていても同志なのだ。みなそれぞれに前を向いて行く。

 

ほそぼそと種まきを続ける。だめでもともと。続けることが大事。味方が増えれば増えるほど、おもしろいことができるだろう。可能性が広がるだろう。

 

ひととひとが面と向き合うと、どうしても違いが見えてしまうし、壁ができたらけんかになるし、関係が淀んで閉鎖的になると危険なので、長々とは見つめ合わなくていいと思う。横顔が見たい。横顔を見せたい。みんなの存在を認めながら、みんなから学びながら、自分の道を進めばそれでいいと思う。

 

「ずぶの学校」を作って二年が経ちました。私はずっと待っています。ずっと鷲田先生の言っていた「待つともなしに待つ」ということをしたいと思っていたのですが、だんだん方法が分かってきたような気がします。それが、私にとって「作る」ということのようです。ストレス発散だった創作が、期待する方法になりました。生徒が口ごもったとき、おもしろいことばをひねりだそうとしたり、黒板に落書きをはじめたりするのはそのためです。アウェーの中で、めげながらも攻めています。誰も気が付いていないかもしれませんが。おもしろそうなことをしています。それが私の道なのです。ひとりでおもしろがりながら、ちゃっかり同志を巻き込みながら、もっとおもしろそうな展開を待っています。

 

 

 あかまつみさき

(風景画家)

Who am I ?

 

 

赤松 みさき(Misaki Akamatsu)

 

1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて9

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術担当

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー・和綴じ本などを発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

ひとが自分らしく前に進むため

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

インタビューして記事を書いたりする

「アロハ進路相談」を始めました 

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成!

ZUBU、ミヰスキーボンボンと称して

ポエマー画伯(ことばの美術家)として活動中

 

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・みうらじゅん・エリックサティほか… 

趣味は、気まぐれに手紙・日記をかくこと

わけのわからないものを作ること

   最近は、生徒をモデルにした物語や漫画も描いています

 

 

ぬいぐるみ、かばん、バッチつくります

絵・字・文かきます

創作会・人形劇します

ご連絡はこちらから

 

 

 

ずぶの顔→フェイスブック 

ずぶの心の声→ツイッター

ずぶの作品集→インスタグラム