NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

―作文教室・ぺんぱるくらぶ

―創作会・文学読書会・文章相談会・進路相談会

―学校新聞(HPにて毎月更新)

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2018.6.1~6.3やかまし村の種まき祭(@旧ずぶ邸)

2018.5.6  文学フリマ東京出店

2018.5.5  和亀五號発行

2018.3.4  第一回かめな句会(大阪タフタ句会さんと)

2018.1.21  文学フリマ京都(@都めっせ

2018.1.14  ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンス2(@アバンギルド)グッズ販売

2018.1.4  みさきのまんま(@旧ずぶ邸)

2017.12.24  縄文茶会(@旧ずぶ邸)

2017.12.9  ずぶぬれno.4発行

2017.11.12 ずぶの日曜学校bonbon @旧ずぶ邸

2017.10.29 ZINE DAY OSAKA @レトロ印刷JAM

2017.9.7(白露)和亀四号 発行

2017.8.20  物々交換会(@旧ずぶ邸)

2017.7.24  ずぶぬれno.3発行

2017.7.2   旧ズブ邸 オープン

2017.5.7   文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20(大寒) 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会(@まるっとマルシェ・中崎町ホール)

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(@アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6(啓蟄)悠長派同人誌「和亀(わかめ)」創刊

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

              

     10月13日(土)       かめな句会

     10月27日(土)       やぶからコラージュの会

     11月10日(土)11日(日) やかまし村の収穫祭 

        

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

 

毎週木曜土曜はだいたい午後旧ずぶ邸(阪急淡路)にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

LINE@でオープン・クローズ情報お送りしています。お気軽にご連絡もいただけます。

 

ずぶの学校新聞 no.42(2018.10 神無月)

 

~ぺんぱるくらぶのこころみ~

 

 

 

 

先月再会した兄の話を書きましたが、9月の彼の誕生日に自分の人生を振り返った文章を書いてくれました。驚くほどいい文章で感動……それもあって、複数人のSNSグループで文章の交換を気軽にできる場所を作りたいと思い、結成したのが「ぺんぱるくらぶ」です。もともと、文通クラブはやりたいことリストに入っていたのですが、紙に書いた手紙はいまいち回っていかず、そのままになっていました。その時間にひとところに集まることにはやはり苦労がともなうし、このご時世そんなことをしなくたっていくらでもできるんじゃ…と思い、ライングループのノート機能を駆使してそれぞれのひとが気軽に発表しています。

 

 

 

《ぺんぱるくらぶとは》

 

・主にラインノートでのお手紙交換。コメント機能での対話。

 

・投稿、返信の義務はありません。

 

・ここでの内容は基本的にオフレコ(自分の文章をどうするかは自由)

 

・退会自由

 

 

 

そもそも私が国語の授業で文章を書くようになったのは2014年ごろからで、それまでは生徒にはやらせるけど自分は書かないのでした(今考えたらありえないことです)。一度「すべらない話」というお題で生徒に書かせる前に自分で書いてみたときに(兄の話でした)同僚だったユニコさんに恐る恐る見せたらとても褒めてくれて「自分も書く!」と言ってくれたことがきっかけで、まず自分が書くスタイルに……

 

それ以降、ともに切磋琢磨できる仲間のおかげで作文のお題(参考作品)のみならず、授業のプリントの隅、テストの模範解答の裏、生徒のノート、作文への返事(基本、同じ量を返す、よい場合は倍返し←怖い)、学年通信、学級通信、図書だより…と場所を見つけたり、ない場所を切り拓いたりしながら、二人でどんどん今まで自分たちも知らなかった能力を発揮していったのでした。

 

生徒という読者もいるけれど、そこに今すぐ伝わるかどうかはいつも賭けでした(教育?の効果は十年、二十年後、下手したら五十年後に現れるかどうかといったものらしい…孤独)。でもユニコさんには今すぐ必ず読んでもらえるという安心感がやりがいになっていて、もっといいもの、もっとおもしろいものをと追求できたから続いたのでした。その生徒たちが卒業するころには、最後の授業で書いてもらったメッセージにひとりひとり返事をしていて…すべてコピーしてある…怖い(写真)。「手紙魔」か!

 

 

ひとりのひとに宛てるのは手紙の基本だと思います。だれかの宛先になることが嬉しいのでした。しかし私たちは読んで読んで書いて書いてを毎日繰り返し、二人で手紙の交換をしすぎたことによって(さらに二人の間には手紙・長文のラインの交換も並行して行われていたのである…5年…怖い)、どんどん孤立してしまったのでした。(今の私の文章の土台はほぼユニコさんとの共作であるといっても過言ではありません。)

 

 

そこで、もっと文通の輪を広げるべく、このぺんぱるくらぶには、ずぶで一緒に文通クラブをしたいと言ってくれていたお友達、新たに登場した兄、そしてユニコさんとユニコさんの新たなお友達を加えた五人でひとまず結成してみることにしたのでした。(夢のバンドです!)

 

 

 

《ぺんぱるくらぶの目標》

 

・みなさんがひっかかっていたり、問題に思っていたりすることを少しでも分かち合う

 

・依存先を増やし、自立する

 

・自分がどうしたいのか、どう思っているかなどを整理して心の健康を目指す

 

 

 

つまりみんなが先生、みんなが生徒の「自助グループ」なのでした。このこころみをしてみて気が付いたのですが、現代の多くのひと(特におとな)が、本当に話す(書く)場所がないということ、聴く(読む)経験も少ないということ、ひとりで困っているということ、そういう話をする以前の問題(文章表現へのコンプレックスや人間関係や日常の雑務、しがらみ、固定観念)でつまずいていて話し合いや思考を深めるところまでいたらない、そういったことがはっきりと見えてくるのでした(上記のような学校での私たちの狂気にもようやく気が付いたのでした)。

 

 

 

このこころみに関しては、メンバー(需要)に合わせていくつもグループを作ったり、手をかえ品をかえ、よりよい方法を試行錯誤しながら続けていきたいと思うし、さらに今後はそのメンバーとゆるく連帯しながら社会にも訴えかけていけたらと思っています。

 

 

 

私はこういうことがしたかったのだと思い出したのでした。作文教室とは、みんなが自分の話を話し(書き)、聴く(読む)場所だと思うのです。こどももおとなもそのひとに合った文章を書けるよう、書きたくなるような場所を、ずぶの学校では提供したいと思っています。

 

 

《ずぶの学校木曜会(作文教室・ぺんぱるくらぶ)》

 

木曜日に文章を持って来ていただくか、メールにて受付。おもに一対一でやりとりしながら、そのひとがそのひとのことばを表現する場所(発表の場所)を作ります。

 https://www.zubunogakkou.com/school/

 

 

 

やかましみさき

 

ずぶの学校 旧ずぶ邸

Who am I ?

やかまし みさき(Misaki Yakamashi)

 

本名、赤松みさき 1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて10年目

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー「ずぶぬれ」・和綴じ本「和亀」を発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

インタビューして記事を書いたりする

「アロハ進路相談」

文学読書会「文学momimomi」開催中

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成

ずぶとじぶとざぶとぼぶとで「旧ずぶ邸遊び人活動」

のぶ、がぶ、つぶ、とぶ…

どんどん増殖中

趣味は俳句、人形劇、リコーダー

  

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・エリックサティほか… 

好きなこと

気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

    

ぬいぐるみ、かばん、バッチなどのオーダーメイド承り中

ご連絡はこちらから

 

LINE@やかましみさき

ずぶの学校の連絡帳です↓↓