<What is "School of ZUBU"?>

“ZUBU” I mean is very amateur(not professional). Even if I'm very amateur,I can try to do anything that I really want to do.

Japanese education usually has a composition that ADULTS TEACH CHILDREN(from the top to the bottom) many many information and technique.Children get full and sick and tired of studying…and living…(Actually Adults too…?)

Here is unpopular "school".
The school I mean is "everyone is STUDENT,and everyone is TEACHER".

We don't have the right answer.So we can create more happy answer again and again by ourselves.

I hope adults create a place where a human being who wants to learn(not only children but also adults) can be MAIN in spite of age or status.I try to cultivate a place where everyone can learn by creation(by playing).

Participants can create something they want to create(from the bottom),If there is a chance,they show the works to everyone and talk each other.

These little experiences will teach us how to live or why to live, maybe…


NEWS


336ページ(帯つき) 3200円

 

《ご購入方法》

渡邊恵 megumi_rozzie@yahoo.co.jp 

ずぶの学校 info@zubunogakkou.com までご連絡ください。

(ツイッターやインスタ、FBのメッセージからも承り中!)

郵送の場合、本の代金+180円、振込の場合は振込手数料のご負担をお願い致します。 また、旧ずぶ邸にて販売しております📖

 

『快晴元年のアップルパイ』祝出版!!

 

著・挿絵 渡邊 恵(ユニコ)/ 表紙イラスト こにし ともよ(ぼぶ) /編集 やかまし みさき(ずぶ)

 

~あらすじ~

2017年11月10日にセクハラ・パワハラを受け、勤めていた高校を退職した筆者が見つけた自分を生きやすくする技法は「人に頼むこと」。何もかもを一人で引き受けすぎないことに注意しつつ、お話会、旅行、引っ越し…と周囲の協力を得て敢行するも、災害や諸々の社会問題に直面して再び「孤独」の暗中をさまよいながら、必死のパッチで考え、問い、反省し、怒り、泣き、時に笑い、表現することによって次第に「人間」として息を吹き返していく約一年間の思考の跡をたどる、小説っぽい実話の記録。

絶望の中の希望はいつも「他者(ともだち)」だった ―「別な言葉」を見つけることで孤独から逃れることもあるかもしれない―

 

《著者略歴》

渡邊 恵 (わたなべ めぐみ)

1982年愛知県生まれ。名古屋の高校で国語科講師をつとめた後、神戸に憧れて兵庫県教員採用試験を受け合格したものの赴任地は一歩手前の西宮。2014年から市立高校で授業と担任業務などを行う中でハラスメントに遇い2018年3月退職。現在は憧れの神戸に引っ越し、海辺を散歩する日々。本を出版して元気をとりもどし、そろそろ働きたくなっている。 校長やかまし(ずぶ)とは元同僚、現まぶだち。


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

ことば・絵・音楽の創作を通じてのゆるい社会活動

 

―作文教室・ぺんぱるくらぶ

―創作会・句会・文学読書会・文章相談会・進路相談会

―学校新聞(HPにてだいたい毎月更新)

―ラジオ配信

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」他、本の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2019.6.1~23 夏至のおまつり(@旧ずぶ邸)

2019.4.20 『快晴元年のアップルパイ』出版記念お話会 (@旧ずぶ邸)

2019.12.23 縄文茶会(@旧ずぶ邸)

2019.12.6~9 三人展おじゃましてます。京都市立芸大三回生 

2018.11.25 ずぶとじぶの新長田こまーしゃるパレード(@神戸新長田)

2018.11.11~ やかまし村の収穫祭

2018.6.1~3 やかまし村の種まき祭(@旧ずぶ邸)

2018.5.6  文学フリマ東京出店

2018.5.5  和亀五號 発行

2018.3.4  第一回かめな句会(大阪タフタ句会さんと)

2018.1.21  文学フリマ京都(@都めっせ

2018.1.14  ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンス2(@アバンギルド)グッズ販売

2018.1.4  みさきのまんま(@旧ずぶ邸)

2017.12.24  縄文茶会(@旧ずぶ邸)

2017.11.12 ずぶの日曜学校bonbon @旧ずぶ邸

2017.10.29 ZINE DAY OSAKA @レトロ印刷JAM

2017.9.7(白露)和亀四號 発行

2017.8.20  物々交換会(@旧ずぶ邸)

2017.7.2   旧ズブ邸 オープン

2017.5.7   文学フリマ東京に出店

2017.4.29 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20(大寒) 和亀(わかめ)三號 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会(@まるっとマルシェ・中崎町ホール)

2016.12.9(漱石忌)ずぶぬれ no.1 発行

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(@アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7(立秋)悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號 発行

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6(啓蟄)悠長派同人誌「和亀(わかめ)」創刊

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト高校生校生の部で大賞を受賞

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

今後の行事予定

              

              8月25日(日)山の寺子屋 @和歌山県みなべ町旧清川中学校

     8月31日(土)すいかの会(予定)

     9月8日(日)文学フリマ大阪 @OMMビル(天満橋)

     10月27日(日)ZINE DAY OSAKA @レトロ印刷JAM

     11月17日(日)エデュコレ @KIITO(神戸)

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

 

7月8月は毎週土曜15時~19時旧ずぶ邸にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

LINE@でお知らせをお送りしています。お気軽にご連絡もいただけます。

 

ずぶの学校新聞 no.48(2019.8)

~「山の寺子屋」開催~

今週の日曜日、和歌山にて山の寺子屋が開催されます。

「つっぱり」が大事だということをよく思います。
何のための勉強、知識か、技術、芸術か。
空高く飛び回ることと地面を深く踏みしめることの両方がいるんじゃないかと。
これもひとに強要するものではなく、自分が考えてやるしかないのですが…
地面を踏みしめる方法が「働く」ということだと思っていたのですが、全然それだけじゃないのだと仕事を辞めて思うようになりました。 

 

開催に至るまでの流れをまとめました。

note.mu

 

開催のイメージを思いめぐらしてみました。

note.mu

 

山の寺子屋
主催:teraco  共催:みなべ町

www.teracodeicora.jp

 


旧ずぶ邸のようす

Who am I ?

やかまし みさき(Misaki Yakamashi)

 

本名、赤松みさき 1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

阪神間の高校で国語を11年担当

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー「ずぶぬれ」和綴じ本「和亀」を発行、出版

宝塚テラコでは

文章相談会「アロハ進路相談」

文学読書会「文学momimomi」を開催

ウミ下着の中西さんと、劇場を飛び出した

パフォーマンスユニット「ずぶとじぶ」結成

ずぶとじぶとざぶとぼぶとで「旧ずぶ邸遊び人活動」

(古民家復興活動)

のぶ、がぶ、つぶ、とぶ…

どんどん増殖中

趣味は俳句、人形劇、リコーダー

ラジオはじめました

  

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・エリックサティほか… 

好きなこと

気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

    

ぬいぐるみ、かばん、バッチなどのオーダーメイド

ぬいぐるみ、絵本作り、句会、お話会などワークショップ承り中

ご連絡はこちらから

 

LINE@やかましみさき

ずぶの学校の連絡帳です↓↓



やかましみさき作品集