NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

 

―読書会・創作会

―学校新聞(HPにて毎月更新)

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2017.12.24  縄文茶会 @旧ずぶ邸

2017.12.9  ずぶぬれ4号発行

2017.11.12 ずぶの日曜学校bonbon @旧ずぶ邸

2017.10.29 ZINE DAY OSAKA @レトロ印刷JAM

2017.8.20 物々交換会

2017.7.2 旧ズブ邸 オープン

2017.5.7 文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20大寒 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会@まるっとマルシェ・中崎町ホール

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(於・京都アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)創刊(啓蟄)

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

 

                   1月14日(日)  ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンス2

                グッズ販売(@アバンギルド)   

      1月21日(日)  文学フリマ京都(@都メッセ)

      1月25日(木)  文学 momimomi(@teraco  

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

ぬいぐるみ・パペット・バッチ・絵・詩集・文集などの創作会

進路・文章相談、文学鑑賞などのお話会をしています。

毎週土曜or日曜12時から旧ずぶ邸(阪急淡路)にて

毎週木曜午後はteraco(清荒神)にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

 

ずぶの学校新聞 no.33(2018.1 睦月)

~みさきのまんま~

 

 

あけましておめでとうございます2018。今年は一風変わった年明けとなりました。4日に、家族以外は人生初のお誕生日会(&書きぞめ会)を催しました。旧ずぶ邸にて。題して「みさきのまんま」

 

憧れの「さんまのまんま」形式で、わざわざインターホンを押すところからやってもらいました。いつもはびくびくするインターホンの音が、この日だけはとても楽しみでわくわくしました。「何を飲みますか?」のやりとりもちゃんとできました。撮影は私の心の中だけになりましたが。

 

お客さまがいろんなフォーメーションになるのが面白い。二人で来てくれて書きぞめをして、一人残って二人でしゃべっていると二人来て、四人でしゃべっていると一人来て謎の五人でたこやきを食べて、三人帰ってまた二人でしゃべって書きぞめをして、一人になって和亀を綴じていると、三人来ておしゃべり、占いをして書きぞめをしてみんなで帰りました!

 

なんのこっちゃ! 不思議な一日でした。(BGMはサティ…)

自分が生きていることに、ちゃんと幸せを感じさせてもらいました。

ありがとうございます。(来年もしたい…)

 

お誕生日会も結婚式もなんでするんだろう? こっぱずかしいぜ! とひねくれていたけど、たまにはいいもんじゃなと思いました。しかも結婚式ほど無理をせず、カジュアルでいて非日常的。誰が来てくれるか分からないところもスリル満点。お誕生日会って楽しい! と今さらながら素直になれました。ようやく自分に合ったやり方(形式)を見つけたようです。

 

もうひとつの憧れは、黒澤明氏の映画「まあだだよ」で知った、内田百閒(ひゃっけん)先生の「摩阿陀(まあだ)会」です。毎年先生の誕生日5月29日に長寿を祝って生徒たちが「(死ぬの)まあだかい?」と聞いて先生が「まあだだよ!」と言ってジョッキを一気飲みします(それは危険だ)。誕生日に生徒が来てくれる(無理やり呼ぶ?)のは幸せだなあと思っていました。孫を待つおばあちゃんの気持ち、わかる気がします。

 

フェイスブックのタイムラインなどで、お祝いメッセージを大量に義務的に受け取ること(ひとが受け取っていること)に違和感がありました。直接のメッセージなら心がこもっていると思えますが、なんか変なシステムだなぁ、というかまぬけ? いやいや(強迫観念や惰性)ならなくてもいいかなぁ。みんな同じことを違う字で書くだけの色紙の寄せ書きみたいな。署名?(SNSだとフォントも同じだ) 違うこと書くならいいと思うけど、なぜかみんな同じことを書く。年賀状も、テンプレート通りならつまらないなぁ、機械的ならなくてもいいかなぁと思います。卒業式も、結婚式も以下同文…

 

送らないのが基本、来ないのが当たり前。送らなくてもいいのに送りたいと思ってくれた、来なくてもいいのに、わざわざ自分から来てくれたということが身に沁みて嬉しく、ありがたいことです。

 

直接会って話しに行く、自分の顔が見えることばで話す。今まで無意識に流されてしていた虚礼を自覚、廃止して、行動とことばで率直に気持ちを表現することを心がけます。みさきのまんま。

 

2017年は「表現」に対する開眼の年でした。2018年は「表現」のアクセルを踏み込んでいきたいと思います。

 

 

ぶん え あかまつみさき

ニューずぶの学校 旧ずぶ邸

Who am I ?

 

 

赤松 みさき(Misaki Akamatsu)

 

1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて10年目

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー「ずぶぬれ」・和綴じ本「和亀」を発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

インタビューして記事を書いたりする

「アロハ進路相談」

月一回の文学講座「文学momimomi」開催中

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成

ずぶとじぶとざぶとぼぶとで「旧ずぶ邸遊び人活動」

のぶ、がぶ、つぶ、とぶ…

どんどん増殖中

 

 

 

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・エリックサティほか… 

趣味は、気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

   最近は、生徒をモデルにした物語や漫画も描いています

  

ぬいぐるみ、かばん、バッチつくります

絵・字・文かきます

創作会・人形劇します

ご連絡はこちらから

 

 

 

ずぶの顔→フェイスブック 

ずぶの心の声→ツイッター

ずぶの作品集→インスタグラム