NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

 

―創作会・文学読書会・文章相談会

―学校新聞(HPにて毎月更新)

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2018.5.6  文学フリマ東京出店

2018.5.5  和亀五號発行

2018.3.4  第一回かめな句会(大阪タフタ句会さんと)

2018.1.21  文学フリマ京都(@都めっせ

2018.1.14  ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンス2(@アバンギルド)グッズ販売

2018.1.4  みさきのまんま(@旧ずぶ邸)

2017.12.24  縄文茶会(@旧ずぶ邸)

2017.12.9  ずぶぬれno.4発行

2017.11.12 ずぶの日曜学校bonbon @旧ずぶ邸

2017.10.29 ZINE DAY OSAKA @レトロ印刷JAM

2017.9.7(白露)和亀四号 発行

2017.8.20  物々交換会(@旧ずぶ邸)

2017.7.24  ずぶぬれno.3発行

2017.7.2   旧ズブ邸 オープン

2017.5.7   文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20(大寒) 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会(@まるっとマルシェ・中崎町ホール)

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(@アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6(啓蟄)悠長派同人誌「和亀(わかめ)」創刊

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

 

                   

     

     6月1日~3日      やかまし村の種まき祭(@旧ずぶ邸)

     6月17日(日)     かめな句会

        

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

 

毎週土曜午後から旧ずぶ邸(阪急淡路)にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

 

ずぶの学校新聞 no.38(2018.6 水無月)

~やかまし村のジェンダー~

 

 

旧ずぶ邸復興活動一周年記念「やかまし村の種まき祭」終了しました。

 

庭がにぎやかになりました。訪れてくださった方々が、それぞれに種や苗をくださって、みんなで植えました。朝顔、あじさい、ローリエ、フウセンカズラ、綿花……メインの綿花は、収穫して人形を作って人形劇をする、わずかでも循環型の社会にするという野望があります。

 

今回の人形劇の脚本はリンドグレーン女史作「やかまし村の子どもたち」を自分たちに重ね合わせて考えました。

 

原作は、女の子三人(主人公を含む)と男の子三人の計六人しかこどもがいない、たった三軒の村のお話で、大人になった目で読むと(こどものときに読んでいなかったのですが)思うのは、女の子対男の子の構図になっているということ。「おとこのきょうだいはやっかいなものです」という章からはじまるように、やんちゃな二人の兄にあきれている女の子リーサのぼやきが基調になっています。八歳のお誕生日にはようやくやっかいな兄たちとお別れして自分の部屋をプレゼントしてもらい、快適な生活を送り始めます。

 

本をぱっと開いて劇の前座で朗読した章は、まちから都会の女の子とお母さんがやってきて、リーサたち(女の子たち)とともだちになるお話でしたが、兄たち(男の子たち)は話しかけたいけど話しかけられないので、ちょっと遠くで竹馬にのって気をひいてみたり、いろいろがんばって話しかけるシーンがありました。

 

これは大人社会の縮図だ。八歳にして「女」の自負が目覚めているのは、小さいときから兄弟を見ていて反省や反発が多い証拠だと思う。どんなおとなも、こどもがそのまま大きくなって多少やっていることが「本物っぽく」なっているだけで、中身は変わらない気がする。

 

 女性差別やセクハラは結局、「恋」の拙い表現なのだと思う。みんなモテたい。それはそうなのだが、表現の方法が力任せでセンスがない、無意識でヴァリエーションがないことが万死に値する問題なのだ。ださい。女の自負が強くなるのも、男を意識するあまりの「恋」の表れだと思います。

 

 「恋」は男女間に限らず、ひととひとの間に多かれ少なかれ生じる「差違」への羨望、ないものねだりの感情だ。「投影」もする。するなと言われてもすぐしてしまうので、どうやって落ち着かせるかというと、二つ(二人)きりにせず、たくさんパッチワークして、適材適所の役割分担をして全体を円満にするという、木を見ながらも森を見る作戦だ。

 

人形劇では「家族」の描き方に悩みましたが、ずぶ邸ではそういう区別もいらないような気がしたので「おばあさん」しか登場させないことにしました。一人一屋敷制。現実と同じように、架空のお話における家族にもいろんなヴァリエーションがあるのがいいですね。

 

マッチョな資本主義社会の恩恵を受けて生きているのですが、そういう社会からひとまずお別れして遊べるリーサの部屋のような場所が旧ずぶ邸です。

 

 説明や評価はいらないし、年齢や職業や、「女」とか「母」とかいう言葉もいらない。そういうことをいったん忘れて、ただ「人間」として楽しく、うふふと集まることのできる場所、休憩所でありたいと思います。そしてまた現実に帰って、気持ちも軽やかに、慣習のごっこ遊びをしたらいい。どっちが夢か現実かよく分かりませんが。

 

 

ミーサ

種まきに意気込むメンバーたち(左からテラッタ、ミーサ、コニー、チッサ)

ニューずぶの学校 旧ずぶ邸

Who am I ?

赤松 みさき(Misaki Akamatsu)

 

1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて10年目

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー「ずぶぬれ」・和綴じ本「和亀」を発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

インタビューして記事を書いたりする

「アロハ進路相談」

月一回の文学講座「文学momimomi」開催中

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成

ずぶとじぶとざぶとぼぶとで「旧ずぶ邸遊び人活動」

のぶ、がぶ、つぶ、とぶ…

どんどん増殖中

ブログと俳句をはじめました

  

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・エリックサティほか… 

好きなこと

気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

    

ぬいぐるみ、かばん、バッチつくります

絵・文かきます

人形劇します

ご連絡はこちらから