ずぶの学校は

ゆるいまなびや

人間アトリエ

 

 誰かのおはなしに

耳と心をかたむけながら

 読んだり書いたり作ったり

 

 情操豊かで

思いやりのある

のびのびとした人間に

ありのままの自分に

なることを目指します

 

それで「人間アトリエ」

と名付けました

 

お話をするのが好きなひと

文章を書くのが好きなひと

 ものを作るのが好きなひと

 考えるのが好きなひと 

本の虫

 

一緒に遊びましょう~

 

校長拝

 

 

 


NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

 

―お話会・創作会

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2017.8.20 物々交換会

2017.7.2 旧ズブ邸 オープン

2017.5.7 文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20大寒 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会@まるっとマルシェ・中崎町ホール

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(於・京都アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)創刊(啓蟄)

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

 

    

    10月29日(日)  ZINE DAY OSAKA(@レトロ印刷)

    11月12日(日)  ずぶの日曜学校 bonbon(@淡路)

           11月16日(木)  文学 momimomi(@teraco)

    12月 9日(土)  ずぶぬれ4発行予定

    12月21日(木)  文学 momimomi(@teraco) 

     1月21日(日)  文学フリマ京都(@都メッセ)

   

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

ぬいぐるみ・パペット・バッチ・絵・詩集・文集などの創作会

進路相談・文章相談・文学鑑賞などのお話会をしています。

毎週土曜or日曜12時から旧ズブ邸(阪急淡路)にて

毎週木曜午後はteraco(清荒神)にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

 

ずぶの学校新聞 no.30(2017.10 神無月)

~お仕事は遊びと学び~

 

 

「一生をかけてやさしくなる! それだけは決まってるねん」

大学入試の面接練習をしていて、大学生活、そしてその先の目標を一緒に考えていたときに、そう言った生徒がいました。

 

す、すばらしい! 私が夏休みにあれだけ悩んだ「人生の目的」が、齢18にしてすでにはっきりしている! 感動しました。私もそれをそのまま使わせてもらいたいぐらい花丸。合格を確信しました。(その後「そんなん言うの先生だけやで」と言われ世のふしあなを呪った…)

 

夏休み前の段階では、「これこれの資格がほしいから、これこれの専門学校に行く」と言っていて少し心配だったその子が、大学に進路変更してだいぶん考えが変わった、というか、しっかりつきつめたのかなぁと想像します。(経済的・人的環境の恵みをちゃんと生かして)

 

どこまでやさしくなれるか、という戦い。「一生をかけて」と、資格とか、就職とか目に見えるゴールを据えず、やさしさに限界を設けていないところが大きくて豊かだと思うのです。

 

「ワーク・ライフ・バランス」という現代の標語について、鷲田清一先生は言っています。

 

「これがもし、仕事という公的活動と家族との私的生活とをうまく両立せよという意味なら、言われたくない。一企業の利益のためになすワークもまた私的であり、結局この標語は私的なものに専念せよと人に告げるだけだから。逆に、一市民としての活動に従事するかぎり個人のライフも公的である。そういう公的活動に個人としてもっと時間を割こうという意味なら、聞ける。」(朝日新聞・折々のことば 2016.8.13)

 

学校でも、ずぶの学校でも、一人一人との主体的な関係づくりは私にとっては大切で「一生をかけて」やっていきたいと思っている大仕事のつもりです。たとえその時かぎりであったとしても。

 

人間関係は家庭であれ、学校であれ、町中であれ、場所は問わないという考えです。より優先されるのが血ではなく、歴でもなく、現在の意志の強さによってでありたい。

 

それが「私」に対する意志の強さなら、私にとっては最も優先順位が高くなり、誠実な仕事をしたいと感じる。たまたまその場に居合わせた私にしかできない仕事。

 

しなくてもいいけどしたくてする仕事(仕事とはほとんどがしなくてもいいこと)を、私は表向き卑下して「趣味(遊び)でやっている」と言っていたけれど、他人に「趣味(遊び)」だとは言われたくない、ということに気が付いた。

 

最近は自分の中でも「仕事」の枠組みが変わってきたと感じます。それもこれも周りの方々に私のやっていることを「仕事」と認めてもらえたから持てた自信です。学校の外のひとと長く過ごすようになって、遊びでやっていることを授業に生かせるようになって、学校の学びに対する考え方も大きく変わってきたようです。

 

九月は「美しい星」の映画を観たことから、学校で学んできた方法や遊びで描いてきた絵を生かして、学校の外で授業をしてお金をいただきました。これは、遊びでしょうか、仕事でしょうか。私が「仕事」という自信を持つための応援をしていただいたことに感謝です。

 

 

あかまつみさき

(楽しそうに遊んでいることが私の仕事)

ニューずぶの学校 旧ズブ邸

Who am I ?

 

 

赤松 みさき(Misaki Akamatsu)

 

1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて10年目

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー・和綴じ本などを発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

ひとが自分らしく前に進むため

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

インタビューして記事を書いたりする

「アロハ進路相談」承り中 

9月からは「文学らいぶ」始めます

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成

 

 

 

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・みうらじゅん・エリックサティほか… 

趣味は、気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

   最近は、生徒をモデルにした物語や漫画も描いています

 

 

ぬいぐるみ、かばん、バッチつくります

絵・字・文かきます

創作会・人形劇します

ご連絡はこちらから

 

 

 

ずぶの顔→フェイスブック 

ずぶの心の声→ツイッター

ずぶの作品集→インスタグラム