NEWS


ずぶの学校のおもなあそび(活動)

 

 

文学・美術・音楽の創作を通じての

ゆるい教育活動、社会活動

 

 

―創作会・文学読書会・文章相談会

―学校新聞(HPにて毎月更新)

―和綴じ同人誌「和亀(わかめ)」の出版

―フリーペーパー「ずぶぬれ」の発行

―発表会(創作ダンス公演・人形劇など)・展示会

 ライブ・音楽会


これまでの活動


2018.3.4  第一回かめな句会(大阪タフタ句会さんと)

2018.1.21  文学フリマ京都(@都めっせ

2018.1.14  ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンス2(@アバンギルド)グッズ販売

2018.1.4  みさきのまんま(@旧ずぶ邸)

2017.12.24  縄文茶会(@旧ずぶ邸)

2017.12.9  ずぶぬれno.4発行

2017.11.12 ずぶの日曜学校bonbon @旧ずぶ邸

2017.10.29 ZINE DAY OSAKA @レトロ印刷JAM

2017.9.7(白露)和亀四号 発行

2017.8.20  物々交換会(@旧ずぶ邸)

2017.7.24  ずぶぬれno.3発行

2017.7.2   旧ズブ邸 オープン

2017.5.7   文学フリマ東京に出店

2017.4.29 まちなかで公演 ずぶとじぶ「ひょうたんの踊り場」(物語する芸術祭 in からほり)

2017.4.22~23 らくだキャラバン Face to fes. に参加 @西宮船坂里山学校 絵の展示

2017.4.20(木蓮忌)ずぶぬれno.2 発行

2017.1.22 文学フリマ京都に出店

2017.1.20(大寒) 和亀(わかめ)三号 発行

2017.1.8 ずぶの学校 書きぞめ会

2016.12.25 ずぶの学校学芸会(@まるっとマルシェ・中崎町ホール)

2016.11.27 パペット作りワークショップ 

2016.9.21~22 ウミ下着のハッピーラッキーレディオダンスにてバッチ売り(@アバンギルド)

2016.9.15 きたしるべ愛蔵版「きたかもめ」発行

2016.8.31 ずぶの学校ファーストシーズン終了

2016.8.28 ずぶの学校シーズンゼロ オープン

2016.8.15 出張授業「ことばをつむぐ」(於・Teraco)

2016.8.7 悠長派同人誌「和亀」(わかめ)二號創刊(立秋)

2016.8.4~8.7 ずぶナイト“原風景”~思えば遠く来たもんだ~ 

        和(あい)さんの絵の個展/YUKTA(ユクタ)さんのキャンドル展示

          ウミ下着中西さんのたこおどり/生徒による弾き語りライブ

2016.7.16 辻本真美実験室 缶バッチ作り(8.20/9.11) 

2016.6.11 ずぶの学校かるた部発足   

2016.5.22 大阪ええもんマーケットにて 路地裏のことばっち屋さん 

2016.5.1 ずぶの学校創立記念品「太郎カルタ」制作

2016.4.25 地域情報誌「きたしるべ」リニューアル版 発行(8月号をもって休刊) 

2016.4.23 出張授業「おとなの現代文」(宝塚のcafe Teracoにて)

2016.3.6(啓蟄)悠長派同人誌「和亀(わかめ)」創刊

2015.12.27~28 ずぶの学校祭 生徒による弾き語り、人形劇部による人形劇「河童」(脚本:生徒)

2015.10.17 ずぶの学校第一番目の生徒さんが「明光義塾 第四回私のおすすめブックコンテスト

      高校生校生の部で大賞を受賞。作文へ

2015.10.11 ゆるワークショップ「紙に触れる ~紙遊び~」   

2015.8.26~30 こにしともよさんの絵の展示会「asobi wo sen to ya」

2015.5.1 開校式オープニングセレモニー朗読ダンス(振付・演出 ウミ下着 中西ちさとさん)

 

 

 

今後の行事予定

 

                   

     3月24日(土)     文学 momimomi(@旧ずぶ邸)

     4月20日(金)(木蓮忌)ずぶぬれvol.5 発行予定

     5月5日(土)(立夏)  和亀五號 発行予定

     5月6日(日)      文学フリマ東京

        

 

ご連絡・ご予約はメールにてお願いします

 

毎週土曜午後から旧ずぶ邸(阪急淡路)にいます。

ご来校の際は事前にご連絡ください。メールはこちら

 

ずぶの学校新聞 no.36(2018.4 卯月)


~アムステルダムまちぶら~

 

昨年の台湾に続き二度目の海外旅行に行きました。初欧州、オランダ。

 

とにかくかわいい。レンガ作りの建物群が郊外に行っても、どこまでも続くので、目を疑う。信じられない景観。ハウステンボスは空想の国じゃなかったんや……絵本の世界も現実やったんや。果たして表の壁に裏はあるのか、二階以上に人が住んでいるのかについては、まだ半信半疑です。

 

オランダは交通の要所で移民にも寛容、多種多様な人種のサラダボウル。厳格な管理・監視のもと売春、大麻、安楽死が合法で、少数派も暮らしやすい国。少数派も政治参加しやすいよう政党を作りやすくなっているとか。(「動物党」なる政党があるらしい)生徒が200人いれば学校も作れるそうです。ずぶ党もずぶの学校も夢じゃない。

 

アムステルダムのまちを歩いていて、売春を行う飾り窓地帯の路地でポーズする女性を見たり、大麻を販売している「コーヒーショップ」の前を通る時に匂ったことのないにおいをかいだりして、どきっとしました。(どきっとしたらすぐに「SEXミュージアム」や「大麻ミュージアム」などがあり、オープンにするというのはこういうことなのかと納得)

 

人間の主体性を前提としたまち。自由、幸福にはいろんなかたちがあるのであり、いろんなひとに配慮するぞというやさしい意志を感じました。

 

長時間フライトを経験して、行きたいと思ったところには時間がかかっても行けるのだということを実感。また、したいと思ったことは「粘る」ことも大切でした。一日目二日目はイースターとイースターマンデーでお目当てのマーケットはお休みだったのですが、三日目も粘ってようやく行くことができました。(飾り窓の女性もすぐには見つからなかったのですが、わざわざ引き返すという粘りを見せて発見……)

 

常に時差を考えながら旅をしていて、時空を超えて遠いところにいるひとを感じながら暮らすのもいいなぁと思いました。手紙を書くのも、本を読むのもそういうことなのかもしれない。発信、受信、交信。

 

一人でイギリスに留学した漱石が、曇り続きで、言葉が通じなくて神経衰弱になった気持ちもよく分かったし、窓ガラスに映る黄色い自分をみて劣等感を抱くシーンも何度も思い出しました。

 

そもそも日本のひとの多くは自由も幸福も民主主義も実存主義も、特に目指して生きていないように思える。自己肯定感が低く、一人で立つ意志も必要性も特になく、日々どうしていいかわからないのかもしれない。

 

何らかの理想を追求するような社会ではなく、なんとなくみんなでわらわらっと淀んでいるように思える。リーダーがいない。それは日本独特の文化で、開国したとはいえ、さしせまった危機感がないため西洋の考え方は根付かなかったからかもしれない。まったりのんき人任せ。それはそれでJapanというひとつの生き方なのかもしれない。

 

私ももじもじしたり、泣き寝入りしたり、やさしくなかったりする弱さが大いにある。自分の言葉や行動に対して相応の責任をとれるように年をとっていきたいと改めて反省しました。

 

オランダでは年配の女性が生き生き働いているのをよく目の当たりにしました。バス、駅、トラム、ホテル、ミュージアムなどなど。いいなぁと思って、私も新学期からひねくれずに素直に楽しく働こうと決意しました。好きな仕事をできることは幸せでありがたいことです。それとは別におかしいと思ったことは黙り込まず、少しずつでも(普通に)言ってみればいいかなとも思います。それも意志。

 

自分の自由や幸福は、今あるものを大切にして、考え、探し、目指しつづければいつかはそのあたりにいるんじゃないかな。実際今もそうだから。ずぶ邸はアムスのお家に負けないぐらい非現実的でかわいいと思っています。

 

あかまつ みさき

写真左:アンネの家の前にある西教会。アンネも見ていたはず

写真右:ネオンの光るコーヒーショップと。及び腰で少し遠巻きに

 

ニューずぶの学校 旧ずぶ邸

Who am I ?

赤松 みさき(Misaki Akamatsu)

 

1986年大阪生まれ 

京都府立大学院文学研究科博士後期課程中国文学専攻満期退学

「師の説」を唱えて大ブーイングを呼んだ

唐の詩人・文章家韓愈(かんゆ)の研究

漢字が虫みたいに並んでいるのを眺めるのが好き

で人生に迷い中(いつも)

神戸海星女子学院、西宮東高校などで国語を教えてきて10年目

現在は、大阪府の私立高校で非常勤講師

パフォーマンスグループ「ウミ下着」で

人形、かぶりもの、イラストなど、ときどき美術・制作協力

15年に「ずぶの学校」を設立し、校長に就任

地域情報誌の記者・編集者を経て

フリーペーパー「ずぶぬれ」・和綴じ本「和亀」を発行、出版

宝塚テラコで部活動「テラコブラクダ」の書記担当

自分を言葉で表現するために、お話を聴いたり

インタビューして記事を書いたりする

「アロハ進路相談」

月一回の文学講座「文学momimomi」開催中

ウミ下着の中西さんと、ポエマー×ダンサーの

新型ユニット「ずぶとじぶ」結成

ずぶとじぶとざぶとぼぶとで「旧ずぶ邸遊び人活動」

のぶ、がぶ、つぶ、とぶ…

どんどん増殖中

ブログと俳句をはじめました

  

好きなひと

岡本太郎・佐藤二朗・エリックサティほか… 

好きなこと

気まぐれに手紙・日記・漫画をかくこと

わけのわからないものを作ること

    

ぬいぐるみ、かばん、バッチつくります

絵・文かきます

人形劇します

ご連絡はこちらから